アウトプットはじめました♪

小さな傷やへこみをどうするか

中古車査定前に悩むことといえば、小さな傷とへこみをどうするか、ということです。

 

このような傷やへこみがあると中古車査定額が下がるのは間違いありません。

 

しかし、実際に修理を依頼するとなると費用がかかりますし、かかった費用以上に中古車査定額が引き上げられるかは微妙なところです。

 

小さな傷やへこみにはどう対処すればいいのでしょうか。

 

もし修理の腕に自身があるならば、自分である程度傷やへこみをカバーすることはできます。

 

ホームセンターなどでコンパウンドを購入し、自分で磨き上げるのです。

 

そのあとワックスをかければ、小さな傷程度ならパッと見ただけではわからないようにできます。

 

ただし、磨きにはそれなりの知識を腕が必要になります。

 

コンパウンドの種類や性質の知識と磨きの腕も必要になります。

 

さらに査定士の目から見れば、素人はおろかプロの手による仕上げであっても修復のあとは見抜けてしまいます。

 

中途半端な修復はかえって傷をつけてしまったり、光沢にムラを残してしまうことにもつながるので、逆効果になる可能性もあります。

 

よって、よほど腕に自身がない限りは、ひと通り洗車をしてワックスをかける程度に留めておいたほうが無難かもしれません。

 

信頼できるプロに事情を話して、修理すべきかどうかを相談してみるのも良いでしょう。